Sindu *インドのいろ

indonoiro.exblog.jp ブログトップ

<   2014年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

展覧会のお知らせ*3月 hands on hands



2月11日にインドより帰国いたしました。
まだまだ日本はさむいですね、でもヒマラヤの麓にいても、雪が降っていても、
着実に春は近づいているなと、感じる2月です。
ときおりのぞく太陽は力強くなっているなあと、
そろそろ起動しなくては!と思う今日このごろです。
春の展示会のお知らせです。
a0166963_2103729.jpg


帰国早々は、hands on hands ”物語のある手仕事”
2014.3.5(wed)-3.16(sun)
12:00-18:00 最終日は17:00終了
closed on Monday and Tuesday
<月曜・火曜 休廊>


インドで、スリランカで、手仕事をモノ作りを進める人たちとの合同で、企画していただきました。

Punch Lamai スリランカの天然素材で作るハンドクラフトプロジェクト主催
kachua インドの小さな村palaiに住む職人さんを中心にインド更紗を用いた商品を制作
nimai-mitai インド東北部ビハール州の貧困解決を目指し村の女性たちと伝統的な素材を使ったエシカルなもの作りをしています。

sinduもインドで巡り会えた手仕事の布、稀少な職人仕事の布を展示いたします。

星ヶ丘ソーイングギャラリーまで、どうぞ足をお運びください。

8日、9日のみ、スリランカ料理を屋台風ランチボックスでご用意しております。
限定数のため、ご予約承ります。
punchilamai@gmail.com まで。

木版で染めるブロックプリント体験ワークショップ
会期中いつでも体験いただけます。500円



開催場所:
大阪府枚方市星丘2-11-18
星ヶ丘学園内
SEWING GALLERY
http://sewing-g.com/
ソーイングギャラリー
Tel:072-840-2476
京阪電車枚方市駅で京阪交野線に乗り換え「星ヶ丘駅」下車、駅前の坂を上がり、あがりきる手前の道を左へ徒歩3分。
by indonoiro | 2014-02-22 21:42 | 展覧会

旅景色*布景色 アッサム編

12月にアッサムを訪れました.
マジュリ島に滞在。今回は二度目の訪問です。

川の中州にある島なのにとても広く、バイクで一周しても5〜6時間はかかりそうなぐらい。
今回もまたこの島がどんなかたちをしているのか、わからずじまいですが・・。
雨期には洪水があったり、道が川になったりするらしいので、きっと島のかたちなんて、どんどん変化しているのでしょう。
住んでいる人たちはそんな島のかたちなんて、たいして 気にはしていないのでしょうね。。

広い畑から道を横切る水牛の群れに遭遇。
a0166963_1315188.jpg

島の移動はだいたい自転車かバイクでゆったりと。
a0166963_13484574.jpg

町の布やさんに寄ってみました。
女店主が、みずからアッサムの衣装、メケラ(腰に巻く布)とサドウ(肩にかけて上半身に巻く布)
を装ってみせてくれました。
太陽のような笑顔がすてきなお母さんでした。
a0166963_1318590.jpg

シルクの織物を織る人
アッサムの女性の着用する布もやはり原色が好まれるようです。
a0166963_13355139.jpg


やっと出会えた、完璧なエリシルクショール。
アッサム地方では野生の蚕エリの糸で各家庭の女性たちがショールを織っています。
一見 麻のような風合いのエリは決して豪華な織物ではないのですが、使いこむほどに柔らかくなり
しっとり落ち着いついた艶があります。

おばあちゃんが50年以上も前に自分で織ったというエリシルクのショールを見せていただきました。
どんな言葉も説明も必要がなく、ただそっとショールをまとっている姿に心が洗われ
今回のマジョリ島、エリシルクを探す旅は、完結いたしました。

一緒に並んでいるのはおばあちゃんのひ孫さん。
今回バイクで島を案内してもらった青年はおばあちゃんのお孫さんでした。
燈台下暗しだな、と,今回もまた色いろな出会いに感謝。
a0166963_13302924.jpg

島の北側にある港からの風景。
夕方の5時ごろ。波ひとつなく、舟の出発を待つ黄昏時のいろ。
a0166963_1321638.jpg

a0166963_13421148.jpg

けっこう大きな木にさいているうすサーモンピンク色のアジサイのような花を付ける植物。
ちょうどミツバチやきれいな色の鳥たちが集っていました
a0166963_13375967.jpg

チャイタイムはインドのきつい旅での癒しの時です。
米粉で作ったビスケットはいくつでも食べたいさっくりとした味わい。
ラキンプールという町に遠出をしたときに自給自足生活を実践して布も全て自分たちで織っているという女性たちの住むアシュラムで。

a0166963_13401413.jpg

by indonoiro | 2014-02-14 13:43 | インドの日々
line

日々インドを想う布やの店主の日記


by indonoiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28