Sindu *インドのいろ

indonoiro.exblog.jp ブログトップ

懐かしい木版ブロックプリント

やはり好きなものは変わりませんね。
インドの布というと、まず頭に浮かぶのは木版更紗の布です。
様々な草花が舞う、優雅なコットンの布です。

染色は現在では、化学染料のおかげで、鮮やかな色を染められるようになりましたが、
一昔前の天然の植物染めで染め上げた布の優しさは格別です。

ジャイプールという町から少し足をのばしてサンガネール村を訪ねると
川のそばで、布を洗い、天日に干して様々な色柄の木版プリント更紗が作られていました。
村では木版に模様を彫る職人たち、布に版を押してプリント作業をする工房などが集まっており
まだまだ興味深くのぞいて見たくなる場所がたくさんありました。

写真のショールは昔からの染色の方法をつづけているという、村ではたった一件だけになってしまったという、職人一家の制作した木版更紗布です。

それぞれのデザインがとても素敵だったので、
一枚づつ仕入れてみました。
手つむぎ、手織りのコットンカーディに草木染。

北浜noff*noff quatre にて展示中。

a0166963_10274399.jpg

by indonoiro | 2011-11-12 10:33 |
line

日々インドを想う布やの店主の日記


by indonoiro
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31